メールでの利点

名刺を渡す様子

メールのメリットを最大限に活用した情報発信にかかる費用

誰もが1つ以上のメールアカウントを持って使いこなす時代になりました。手紙を送るのに比べても迅速に届くというメリットのある電子メールは情報を素早く伝える方法として最も有用なものとなっています。 特に1つの送信作業で多くの人に同じ内容のメールを送ることができるメール配信サービスはその有用性の高さから企業において広く用いられています。企業において会員となっている顧客に情報を発信する場合や、組織にいる人員に速やかに指示を与える場合等に発送の手間を省いて迅速に情報を伝えられるのです。 メール配信サービスはその容量や同時送信数などによって料金体系が異なっていますが、月額で1000円程度の安価なものをスタートとして3000円から5000円程度が平均的な相場となっています。

メール配信サービスの料金の傾向

メール配信サービスの利用の際に容量にもこだわらず、顧客管理についてもできなくて構わないのであればメールマガジンを利用することも可能です。メールマガジンのサービスを利用すれば基本的には無料で発信することができます。しかし、顧客情報をもとにしてメール配信を行う場合には専門業者に依頼して行うか、自社でシステムを導入する必要があります。 顧客情報を保護する観点からは自社システムを開発する方に安全面でのメリットがあります。しかし、その開発には莫大な費用がかかることから、基本的には専門業者に依頼して発信を行うのが一般的です。まだ業者数が多くはないためそれほど大きな価格競争が起こらずに価格が安定していますが、今後のニーズの拡大に伴って価格の低下が見込まれるでしょう。